施工管理者の募集

建設現場の施工管理者が不足している

建設業法では一定の金額以上の建設工事には建築士や建築施工管理技士、土木工事管理技士、電気工事管理技士などの資格を保有した技術者が常駐しなければいけないと定められています。現在の建設業界は工事の発注が集中しているため業界全体としても施工管理の出来る資格保有者が不足気味になっています。ゼネコン各社は直接求人広告を掲載すると同時に人材会社にも求人を行っていますが、必ずしも効果が上がっているわけではありません。特に官公庁工事の入札に当たっては事前に当該工事に携わる予定の施工管理者の氏名を届け入れなければなりません。当該工事と同種工事の経験が問われるために応募する場合には社内で該当する施工管理予定者を専任しなければなりません。

現在の状況では受注機会を逃してしまう

施工管理者が充足しない場合には建設業にとっての生命線である受注機会の喪失に繋がりますので大きな問題です。最近の求人の流れはインターネットの利用です。日本でもパーソナルコンピューターが職場でも家庭でも一人一台の時代になりつつあります。新卒採用やキャリア採用は既にインターネットを介して行われることが当たり前になっています。施工管理者の求人対象は比較的年齢層が高くなりますが、インターネットでの求人に対する反応が見られるようになっています。インターネットによる求人の利点は一度求人サイトを見ると同様の業種の求人をバナー広告として紹介することが出来るからです。施工管理の仕事を希望している人は苦労せずに条件の比較ができるので応募の動機付けになり、採用の確率が増加します。