建築派遣の仕組み

知っておくと良い情報は、仕事が認められると直接雇用もあります。

施工管理の派遣で知っておくと良い情報は、施工のプロジェクトごとでの派遣が多くなっており、基本的にはそのプロジェクトのみの業務を担当し、そのプロジェクトが終了すると契約が完了となります。しかしながら、業務に携わっている間に派遣先の企業に仕事が認められたら直接雇用を行ってくれることがあります。なぜなら、現在業界自体が人手不足ために施工管理も派遣を使って人材を補充している現状です。即戦力が機会できることがわかると企業では人材を確保したいという思惑があり、人材を採用しています。採用方法も派遣時にすでに勤務態度を確認してることから面接や筆記テストなどの選考にないので、すぐに働くことができるメリットがあります。

メリットは福利厚生の改善と直接採用を受けることができます。

施工管理の派遣で工夫することで得られるメリットは、交通費などの福利厚生を改善することができます。基本的に給与は派遣を依頼した事業者が負担しているので改善することはできませんが、交通費に関しては派遣会社によっては自己負担になります。しかし、施工管理などの専門職の場合は担当者と交渉することで支給してくれる場合もあります。また、派遣先の企業負担でなければ、社員食堂が使えるようになるなどの福利厚生を良くすることができます。また、福利厚生以外にも工夫することで得られるメリットは、契約完了後は直接採用を受けることができます。特に紹介予定派遣を利用することで、直接雇用が前提での採用となるため、仕事でのモチベーションも上げることができます。